ミハマ・キャンディの製造工程別/設備とマシン

6.成型ライン

バッチローラー MB18/23 ロープサイザー MRS(4段、5段、6段)

バッチローラーMB18/23ロープサイザーMRS(4段、5段、6段)

バッチローラー MB18/23
キャンディ生地を保温しながら自動的に繰り出します
正転、反転の切り換え任意。保有量で機種を選定

ロープサイザー MRS(4段、5段、6段)
バッチローラーと連動して成型機(スタンピングマシンや球断機)へ自動的に繰り出します。
※成型機とスピードが同調します(オプション)

スタンピングマシン(MSP-30/MSP-100)

スタンピングマシン(MSP-30/MSP-100)

ソフトキャンディ、キャラメルも成型できます。本機の最大の特徴は一回転して成型しますので、スムーズな成型と型離れします。高速タイプは、成形型が空調されていますので型の温度が上がりません。型の交換が容易です。
※ロープサイザーとスピードが同調します(オプション)
詳細はこちら

球断機(MLB-Ⅱ/MLB-Ⅲ)

球断機(MLB-Ⅱ/MLB-Ⅲ)

ノコギリ状の歯が往復進行することで生地を丸く切断します。ハード、ソフトキャンディ共可能で、特にセンター注入は、無理なく球断しますのでに最適です。
※ロープサイザーとスピードが同調します(オプション)ートニーダーから排出された飴生地は、預けバッチでテンパリング後、繰り出しロール~コンベアーを経て、バッチローラーへ自動的に供給します。
※特にセンター入りキャンディの製造に有効です。
詳細はこちら